--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-04-21

今月の映画 「キングダム・オブ・ヘブン」


映画キングダム・オブ・ヘブン


思ったよりもよくできている。最近のハリウッドモノには失望が多かっただけに素直に喜ばしい。

上映時間2時間20分も思ったほどだれて感じないし、お金も確かにかかっている。ものすごーくかかっているのは一目瞭然。

なのに。


どうして、こんなに地味なんだ・・・・・?!


オーランド君もエヴァ・グリーンも際だって美しいのに、まるで教科書みたいなのだ。


テーマである十字軍というのは、キリスト教世界では結構英雄扱いされているけれど、私が調べた&勉強した結論から言えば、ただの搾取の為のおためごかしでしかない。

だからこそこの映画のように客観的にとらえているのは特筆には値する。その点は認める。

でもさあ、ふつーああいう場所の王様なんてのはあんなにまっとうなこと言わないもんだよー、etc、とにかく判を押したような優等生と悪人しか出てこないのがあまりにも微妙。

そういう点でもまさに『教科書』な印象なんだよね。もちろん、派手な割には全然中身の無いのより’ぜーんぜんまし’なんだけども、やっぱりここまで地味だとうむむ・・・なのである。


後はまあ、言っちゃ悪いがオーランド君にはこのレベルの大作は早すぎたとも言えるだろう。

彼が出ることによって、物語の青さがクローズアップされていたと思われる。いや、確かにああいう苦悩する役、似合うんですけども。


ま、結論はこれでしょう。



「青臭い正義感は、簡単に一国くらいは滅ぼしてしまうものである」

 




やっぱりオトコは清濁併せのむ度量がないとね。(苦笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。