--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-13

魔界転生


魔界転生-1


魔界転生-2


映画や観劇を一緒するならこの人以上の相手はいない、という仲良しと「魔界転生」を観る。なんといっても目の付けどころに突っ込むタイミング、男の趣味まで似ている。こんな楽な相手はいない。

二人の目当ては、成宮くん演じる天草四郎。
二人とも揃ってジュリーのイメージが強い天草四郎だが(歳がばれるなあ)、どうしてどうして成宮寛貴演じる四朗も負けていない。


セクシーです、色っぽいです。

しゃべりかた美輪明弘、仕草はミッチー王子なのは微妙、

ですが。
普通にしても充分魅力的だと思うんだけどねー。


歌舞伎通の彼女のおかげで、席も花道真横、前から八列目のベストポジション!おかげで表情もよく見えたし、声も聞き取りやすく環境的にもサイコー♪
相手役十兵衛の中村橋之助はもちろん、意外にはまり役だったのが宮元武蔵役の西岡徳馬。ファンの方には申し訳ないが、なんとなくトレンディドラマ(死語)の”ちょっとセクハラな上司”というイメージしかなかったのだが、どうしてどうしてわかっていても西岡さんに見えない。なのに、最後の舞台挨拶だと同じ衣装なのに全然違う人物に見える。
恐るべし、役者魂。

橋之助と西岡氏が出てくるだけで正直舞台が引きしまる。成宮君の色っぽさはそれこそDVDかなんかで個人保有したくなるほどだが、やはりキャリアの差は歴然。
特に終盤、声も枯れているしそもそも全体的にいっぱいいっぱいなのがわかってしまう。役としてのイメージはぴったりだっただけにかなり残念だった。


それでも、場面展開の的確さ、流れのスムーズさ、役者陣も美形が多くて目の保養だし(笑)、満足度はかなり高い。
ぶっちゃけ、『払ったお金の価値の分』楽しめた舞台だったと思う。こういうのって久々です。



あー、面白かった。
大満足♪
 

#途中の演出はかなりきわどくてびっくり(映画だったらR15確定?)
成宮君ファンの中学生とか来たらどうするんだろう・・・・お子さま連れは御注意下さい。




舞台がはけたあとは、友達と飲みながらおしゃべり。
感覚のあう友人の貴重さを再確認した夜だったのでしたw。まる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。