--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-09

ポンペイ展 - 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡 - @横浜美術館



着物もドレスも、ジーンズも。


子供の頃、神話や御伽噺の類が好きだった。
「ポンペイ最後の日」という児童向けの歴史本があり、どこで読んだのかもう忘れてしまったけど、最後の火山の噴火のイラストは印象深かった。

その本のくくりの概要はこうだ。

「火山の噴火は快楽と栄華を求めすぎた人間たちへの罰、そして都市ポンペイは滅亡した」

初めて現地に行った時ものすごくいい天気で、抜けるような青空の下に広がる都市の遺跡を見たときもそれを思い出してなんともいえない気分になった記憶がある。



2000年前の文化とは思えないほど、ポンペイという都市は近代的な機能を備え、その充実振りには驚くほどだ。
追い炊き機能付きの給湯器、火力が調節できる釜を備えたパン屋(現地にある)快適な社交所でもあった入浴施設。
反面、快楽にも貪欲で、美しい装身具で体を飾り、銀の食器をずらりと並べ、豪華な食事を寝そべりつつ食し、おなかがいっぱいになれば、食べたものをもどしてまた食事を続けたという。

奴隷文化まっさかりであるから、生きるための労働は我慢は最小限度でよい。
そんな栄華を極めてしまうと、人間は時間をもてあますのか、快楽のみ追求するようになるのかもしれない。

そういえば、あるポンペイの遺跡の寝室の壁には、色もまだ鮮やかな春画で飾られていた。


そんなポンペイは神の怒りにふれて滅亡したが、快楽や便利さ囲まれすぎてなにかを見失った彼らの姿は、もしかして現代の私たちの姿に重なるような気もする。
そんなことをふと思ったりした。


ポンペイ展
http://www.ntv.co.jp/pompei/index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。