--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-30

今月の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」



東京の大手家電メーカーに勤務する筒井肇。これまで仕事一筋できた彼は順調に出世を続け、次期役員も目前だった。しかし自分の仕事のために親友を事故で亡くし、母の発病で帰郷したことをきっかけに50歳を目前にして彼は自らの人生に疑問を抱きはじめる。子供の頃に家の近所を走るばたでんの運転手になりたかったことを思い出した肇は、思い切って会社をやめ、採用試験を受けることにするのだが・・・・。



中井貴一という役者は、こういう役をやらせると本当にうまい。
モーレツサラリーマン(死語!(笑))のかたくなな姿、さまざまな問題のハザマでもがくでもなく漂う姿、自分を知ったときのいざぎよさと再生していく過程での無邪気さ、たくましさ、そしてそれらの矛盾さの自然さ。
ある意味、一番スタンダードな日本人を体現しているということなのかもしれない。

奈良岡朋子や佐野史郎、高島礼子という芸達者な脇役陣、本仮屋ユイカのような若さの特権のようなエネルギー。
肇と一緒に就職試験を受ける青年は、印象的な視線にどこかで見たなあと思っていたのだが、あの百恵さんと三浦友和氏の次男の三浦貴大だったそうだ。
演技にそんなに危なげなくまさか新人とは思わなかったのだが、やはり血は争えないということか。
ハンサムというより存在感が印象的で、このあたりの印象も家系なのか、将来が楽しみな役者さんである。


スクリーン一杯に広がる出雲の自然、宍道湖の脇を鮮やかに走る二両編成の電車。
悪人がまったく存在しない、日本の理想的な田園風景と物語を嫌いな日本人はまずはいないだろう。



この映画を見始めたときから、自分の夢はなんだっただろうとずっと考えていたのだが、考えてみると転勤族だった父親について引越しを繰り返していた私は、生活の変化に対応することに必死で、そういうものは持っていなかったことに気が付いた。
というか、例えばパイロットや宇宙飛行士の類などの夢が言葉どおり夢物語であることを、かなり早い段階から知っていた気がする。
そういう意味では子供らしい希望は持っていても、どこか夢を持ちえなかったのだろう。

豊かな自然の中ですくすくと育ったであろう肇は、そういう意味では幸せな子供時代を過ごしたのだろう。
帰る場所を持った人間特有の豊かさがこの映画を支えているといったら、ちょっとうがちすぎだろうか。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。