--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-09

今月の映画 「SEX AND THE CITY2」


着物もドレスも、ジーンズも。

キャリーとビッグが結婚して2年後。彼らの生活に暗雲が立ち込め、ミランダとシャーロットのファミリーにも、それぞれトラブルが発生する。
そんな中サマンサは、元カレが出演する映画のプロデューサーから、アブダビへの超ゴージャスな旅に招待される。思い通りにならない日常からの脱出と女4人で意気揚々と出かけるのだが・・・・。


前作で無事に10年越しの恋を実らせたキャリー。
おとぎ話でいえばハッピーエンドで終焉を迎えたお姫様のその後って、
いったいなにをテーマに描くのだろうと思っていた。


・・・いやもう、面白かった。そんなこと思っててすみません、って感じ(笑)
むしろ前作より私は好きだ。


テレビシリーズから続く、ファッショナブルで華やかで
女の本音ばりばりのスタイルを貫きつつ、
いつの間にかアラフォーを越えた彼女たちの話題は、
結婚、子育て、失った若さと体の変化についてと、
年を重ねただけの広がりと深みを見せる。

面白かったというより考えさせられたという方が正解かもしれない。
腹を抱えて笑いながら、である。
ある意味、キャラクターと共に成長を重ねたロングセラー作品の底力だろう。


全てを手に入れたけれども、それがゴールでなかったことに気が付く年齢。
失ったものをふり返り、新たに向き合う時期。
ある意味、足りないと感じることは夢であり人生の原動力だから、
それが無くなることはなにかが確実に終わることを意味する。

そんなアラフォーの悲哀も彼女たち4人はバリタイティで突き破っていく。


もうひとつのテーマである伝統的な文化や考えかたなどにおいても、
現代であっても、まだまだあえぐ女性も多いのだろう。
けれども彼女たちなら、そして彼女たちのように精一杯生きる女性たちならば、
そんな様々な問題や悲しさを跳ね飛ばし、
きっといつの時代でもキラキラエネルギッシュに人生を駆け抜けていけるに違いない。


そんな風に思える、突き抜けてハッピーで”アゲな映画・・・ただし、女性限定で。
デートで見るなら、細心のご注意をw



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。