--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-12

文楽公演 in 国立劇場

むかーし取材で大阪は文楽劇場の舞台を、ワキから覗いたことしかないという妙な経験を持つ私。
一回ちゃんと見たーいっ!と機会あることに叫びまわっていたら、優しいお方が連れていって下さいました。(笑)


モノは「摂州合邦辻」
歌舞伎ではおなじみの演目なので、話もわかってるから楽ちん!
おまけに舞台の横に謡の歌詞も出るので、非常にわかりやすいです。今、国立能楽堂の席にもモニターがついて賛否両論ですが(で、個人的には個別モニターは微妙だと思ってるけど)和文化ものはとにかく耳が慣れないと外国語並みに意味不明になってしまうことが多いのが問題なので、こういうわかりやすさはかなりポイント高し、です。


話としては簡単に言うと、高安左衛門の後妻になったが継子の俊徳丸に恋をして毒入りの酒を飲ませ失明させる。失明した俊徳丸は家を出て乞食となり果てるが、しかしこれは実は妾腹の兄に命を狙われる彼を助けるための彼女の策略で・・・、ということなんですが、なんで命を助けるために毒を飲ますんだ?みたいな疑問はやっぱり頭をぐるぐるしてしまいます。どう考えてもわかんなーい!
でも見せ場はかなりある舞台なのも確か。
人間が演じる歌舞伎もなかなか派手っぽいですが(昔ビデオでちょっとだけ視聴)、今回は出演者が人形ということもあるので動きの激しさというか派手さはさらに凄い気がします。彼を捜して婚約者の浅香姫も追っかけてくるのですが、この女性二人のつかみ合いとかなんてマジで横に吹っ飛んだりしてるし。
まさに”大奥?”てな勢い。(笑)


人形だから表情はないはずなのに、それが見ているうちに表情を感じられる気がしてくるのにはかなり感動です。頭使いになるまでは平均30年くらいかかるそうですが、本当に眉を上げたり目を伏せたりしているように見えちゃうから凄い。
このあたり能面の使い方にも通じるものがあるかもしれません。静の文化である日本の芸術ならではの繊細さですね。




今回連れていって下さった方が顔の広い方で、舞台が終わった後楽屋にまで潜入伺わせて頂けました。なんと人形まで持たせて貰っちゃったぞ!

2007-02-12
この格好では微妙に怪しい




初体験(?)としてはなかなか豪華で充実した内容でしたw。
また機会があったら行ってみたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 文楽いいなぁ

私は1回だけ公演を見に行ったことがあるのですが、眠くなってしまいました。字幕が出たり、ストーリーがわかっていると、面白いかも知れませんね。
でも、同じ日本語がわからないというのも、寂しい。義太夫語りはがんばっているのに。

2. >erawanさん

字幕やモニタには賛否両論あると思いますが、周りに迷惑がかからないのなら初心者にはありがたい機能だと思います。
義太夫さんにもクセがあって人が変わると一瞬聞き取りにくくなったりしますし、同じ日本語とは言っても今ではかなり変化しちゃってますものね。
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。