--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-04

今月の映画 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」


着物もドレスも、ジーンズも。

湾岸戦争に従軍したハンニバル・スミス大佐と、彼が率いる特殊部隊が無実の罪を着せられた。
自分たちの仕事に誇りとプライドを持つ彼らは、納得できずまんまと脱走して姿をくらます。そして汚名をすすぐことと名誉挽回のために、自分たちの能力を結集して自分たちを陥れた黒幕たちを追い詰めていく・・・・。


オリジナルは知らないのだが、かなり人気のあったシリーズらしい。
確かに、のっけからジョン・ハンニバル・スミス大佐が通りかかったワゴン車を奪ったり、
そうかと思うとモヒカン頭のB・A・バラカス軍曹と意気投合して、
麻薬組織に処刑されそうになっている“フェイス”ことテンプルトン・ペック中尉を
気が付いたら救出していたり。
ここまででも???なところに、さらにイカれたパイロット、マードック大尉が加わり、
彼が操縦するヘリコプターに乗り込み、気が付いたらで空中回転である。
(ヘリで空中回転できるとは知らなかった・・・(笑))

勧善懲悪とは言わないが、ルパン三世やワンピースにも通じるすかっとした爽快感は、
一昔前であってもさぞかし見ていてわくわくしたことだろう。

戦車で空戦できるのか?(これが見事に空戦なのだ(笑))とか、
そのまま湖におっこちて無事なものなのかとか、
とにかく肉弾戦からカーチェイス、空中戦と盛りだくさん過ぎて、
いくら名誉挽回のためでもあなたたちこれでいいの?とふと問いかけそうになるのだが、
そういうことを考えず頭をからっぽにして見るのが一番よいのだろう。

それぞれの際立ったキャラクターとその彼らの友情(?)と信頼感、
そしてロミオとジュリエット的な恋愛模様も時折挟みつつ
色々な要素てんこもりのサービス精神満点の作りは、
お約束ではあっても、見終わった後心が元気になること請け合いである。


ラストシーンから見ても、シリーズ化を視野に入れていることは明白なので
彼らの活躍がまた見られることを楽しみにしたいと思う。







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。