--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-27

今月の映画 「オカンの嫁入り」


着物もドレスも、ジーンズも。

月子(娘)と陽子(オカン)は、母ひとり子ひとりで仲良く暮らしてきた親子。
ある日、陽子が酔っ払って若い金髪の男・研二を連れて帰ってくる。「おかあさん、この人と結婚することにしたから」 あまりに突然のことに、とまどう月子は、とっさに部屋を飛び出してしまう。
母に裏切られたという思いから、月子は陽子に対しても、研二に対しても頑なに心を閉ざすが、大家のサク、陽子の職場のセンセイ=村上ら月子と陽子を家族同然のように見守ってきた周囲の者たちが、二人の間を何とかとりなそうと必死になる。しかしこの娘と母はそれぞれにある秘密を抱えていて・・・・


ある意味非常にあざとい映画である。
けれども、それ以上に素晴らしく地味でしみじみ暖かい映画だ。


いきなり年下の男と結婚すると言い出す母親と、それに反発する娘。
娘に言い出せない秘密を抱えた母親と、
昔の大きな傷から立ち直れない娘。
とにかくお互い素直ではないが、
この素直でない行動が、どう見ても愛し合ってる間にしか見えない二人。

そこにたぶん素直でいいやつ、でしかない母親の再婚相手や
親戚以上におせっかいで身内感覚の大家のおばちゃん、
そして長年家族同様に過ごしてきた、母親の勤め先の初老の医者という
数少ない登場人物が、やわらかく絡みつき、物語を形成する。


考えてみれば、愛しているからこそ相手のことが気になるのだ。
気になるから恥ずかしい、どう返されるか怖い、という感情が起きる。
そんな二人を暖かく見守る周りと、それを実はよく理解している母娘。
けして豊かにも贅沢にも過ごしては来なかっただろう二人だけど、
もしかしたら幸せってこういうことだろうか、と思わせる骨太ななにかがある。



大竹しのぶと宮崎あおい、新旧名女優の対決でなければ、
ただのべたべたの物語になったかもしれない。
特に実年齢20歳近く若い男性と並んで見事にカップルに見える
大竹しのぶのイノセントさと魅力には、しみじみ感嘆した。
(本気でかわいいんですよね、この人)

それに加えて、数少ない脇役陣の素晴らしいこと。
特に研二役の桐谷健太が素晴らしかった。
実はものすごくハンサムな二枚目男性なのだが、それをまったく感じさせない空気感。
ここのところいろんな話題作に出演しているが、
今後大バケしそうな楽しみな役者さんで、すっかりファンになってしまった。
もちろん絵沢萠子、國村隼という重量級は言うに及ばず、
キャストの力量でこれだけ見事な作品になるのだと、
改めてしみじみ感じさせてくれた作品だった。


そしてなにより、最後までほとんどお涙頂戴の物語にしなかった、そのことに敬意を表したい。


いくら愛していても相手を思っていても、
この状態が永遠に続くわけではない。
そんな考えてみたら当たり前のことをふと思い出して
見終わった後にふと電話でもしようかと思う、そんな映画である。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。